*

2014年3月

FX トレード マスター


オリックス FX

オリックス証券をトレーダーで知らない人はいないでしょう。というのも、老舗の証券会社だからです。しかも、FXトレード人気が上がれば素早く対応し、最近ではホームページの上位にもしっかりと取引のサービス概要がUPされています。 そして、なにより嬉しいのがFXトレード並びに『オプション取引』までの証券取引の種類の幅の広さ、そしてFXでも見られる手数料の均一化ではないでしょうか?特に、という点では他を圧倒するサービスを行っている訳ではないのですが、FX並びに全取引でオリックス証券は『かゆい所に手が届く』絶妙な取引手数料を実現しています。 そして、トレーダーとしては更に有難い『長い経験ゆえのサービス』も受けられるブランドイメージもあるので、これからも磐石な発展を見せると予期しています。また、『取引種類が多い』という事なのでサイトに足を運ぶと、あり過ぎる取引の影響のせいで探したい取引を逐一把握しにくいのでは?と思う方もいるかとは思いますが、実際はシンプルにまとめられていて見易かったです。 なので、今まで行った事がないFXや先物のオプションなどをやって堅実かつ・そこそこ大きく儲けてみたい方にはオススメの企業だとサイトに足を運んで感心させられました。

アクロス FX

新しい投資術として、雑誌にサイトにと取上げられているFXトレードですが、その人気の後押しもあり新しい企業も多々誕生しているようです。 そして、まだ若いというのもあれなのですがアクロスFX株式会社という企業が05年に設立されて、FXトレードの企業として知られてきました。『証券の企業なんてどこも同じでは?』と思う人は多いでしょう。ですので、ここでこの新しく設立された企業の概要を紹介も交えて記載していきます。 まず、このアクロスが何故人気になってきたのかですが、やはり中堅どころの企業と同じかそれ以上の低価格での手数料を実現したからだと言えます。特に、FXトレードで中堅でもある程度の手数料は取る『デイトレ決済手数料』がアクロスでは無料です。 しかも、資金が少なくても始められるようなサービスもあり、それに因んでその路線での対応も充実しています。さらに、小さなサービスではありますがポイントサービスも始めています。 そして、特にこれからの若きトレーダーにはありがたい『FXトレード無料セミナー』も開催中という幅の広い対応の良さ。この充実の良さゆえに新規企業ではありますが、確固とした人気を得ているのではないでしょうか? そして、先程のセミナーですがFXトレーダーの時間の浪費を少しでも減らす為に、『WEB』にも対応しています。勿論、他企業でもやっているバーチャルFXもあるので一度、サイトへ足を運んでみる事をオススメします。

FX スワップ

株式投資を始めて、投資を複数に分けてリスク分配投資を行った事がある人はいませんか?誰だって、やっとで溜めた(稼いだ)お金をいい加減には扱えない物ですから、殆どの人がそうやって投資してますよね。そして、その手法がfxトレードでも小さなお金を安定して稼ぐのに用いられています。 それは、スワップポイント狙いでFXトレードをする場合の方法として相関関係的に、同じ動きをする通貨ペアを見つけ、一方を買いポジション一方を売りポジションで持つという物です。 そうすると、相関関係的に同じ動きをする、通貨のペアを選んでいるので、スワップポイントをもらいながら、為替変動をヘッジするFXトレードができます。どういうことかといえば、値上がりすれば、買いポジションをもっている通貨では利益、売りポジションを持っている通貨の方では、損失が出ます。ですが、それぞれの通貨ペアは相関関係を持っているので、完全に相関関係が成立していれば、利益と損失は完全に相殺され、FXトレードでの為替変動のリスクがヘッジされ、スワップポイントで稼ぐFXトレードができるのです。 このように、FXトレードでの為替変動リスクをヘッジし、スワップポイントをもらうFXトレードの具体的通貨のペアを選ぶ場合は、例えば買い側が1日あたり200円のスワップポイントがもらえ、売り側が、1日あたり100円のスワップポイントを払うような通貨ペアを選んでおけば、為替変動が相殺された上で、1日あたり200円-100円=100円のスワップポイントがもらえ、為替変動がヘッジされた、スワップポイントで稼ぐFXトレードが行えることになります。 地道ではありますが、将来的にはfxで大きく投資金を運用と言う事にも繋がる訳なので、実際の経験を掲載しているブログも多いのが実情です。

FX 手数料

FXは始めるにあたって、新規開設講座に関しては最近の人気の後押しもあり、特に高い開設料金を徴収すると言う事はありません。ですが、FXではどうしても株取引と同じように、証券取引手数料やデイトレード手数料が発生します。 手数料は、FXを取扱っている企業を見て頂ければ分かるのですが、大体 無料~1,000円ほどです。 無料の会社と言うと有名な所は、FXCMジャパンさんです。 そして、デイトレードを安く済ませるには三井物産フューチャーズがオススメです。 どちらも、FX取扱い企業としては有名な企業で、しかも、FXCMジャパンさんは企業の人気1位2年連続と大人気な会社なので、とにかく安くそして気楽に取引を楽しみたい方には丁度良いでしょう。 他に、覚えておいて欲しい手数料としましては、税金ではないでしょうか? 最初は、小さな投資金だから他所得を含めなければ税金は0円です。ですが、最終的には連続して取引をする事を目指すのであれば、差益(FXでの稼ぎに対する貰い手側の利益分)が20万円を超えると15%以上の税金がかかると言う事だけは念頭に置いて頂ければ幸いです。 また、FXと言ってもどこの国のお金に置き換えるかも大切なので、その点も手数料の調査と同時に行っておくと、証券会社を決めてからスムーズに取引が開始できるかと思います。

FX 業者 比較

FXを始めたいんだけど、どこも同じなのかな?という考えで、なかなかfxの取引先を決めれない人は多いかと思います。なので、FX会社で有名な2会社を比較してFXを始める前に解説しようと思います。 まず、一つ目の会社FXCMジャパンです。 この会社の特徴は、国内fx業界 取引高において2年連続1位の実績を誇り、取引手数料は無料。さらに、迅速かつ自由な取引環境を提供しています。そして信託分別管理、充実の24時間カスタマーサポートで安心のお取引環境を実現し、今なら新規口座開設キャンペーン中です。 次に、2つ目の会社は三井物産フューチャーズです。 この会社の特徴は、デイトレード手数料は片道のみ。通常手数料も1単位あたり片道150円~500円と業界最安値の手数料設定。三井物産グループ企業という事で、ブランド人気もあり安心してお取引をしている人がいるまさに中堅の証券会社です。 ここまでで、『取引無料』が有難いのでfxCMジャパンで始めようという人も多いかと思いますが、常に証券会社を選ぶ場合に推し進めている事があります。 それは、『サービスの度合い』です。 つまり、三井の方が長くお客様の満足を勝ち取ってきているので、まずは安心して始められるのは三井だと言う事です。その点で比較しても料金と言う人には、ここではFXCMジャパンの方が良いと私は考えていますのでご参考下さい。

FX 投資

株で先物でと負けを味わってきた人は、ここ最近の投資人気に甘んじて増加しているかと思います。 ですが、最近では堅実な勝ちを味わえるFXやFXデイトレが人気を博してきているのはご存知でしょうか?FXとは、外国為替証拠金取引と言う物です。これは、証券会社に預けたお金を外国為替に買えて保有してFX証券を作り、証券会社に管理して貰って、そしてある程度利益が出たらその証券を利用してお金に変えるという物です。 ですが、『金利低迷時代』を味わった自分達としては、そんなおいしい方法ある訳ないだろ?と言いたくなる物で、まだまだ安心して投資している人は少ないのも実情。だけど、実際には上手く活用すれば一月で100万円以上の稼ぎに転じた人もいて、今ではサラリーマンから投資運営の会社を築いたという人も雑誌で取上げられているほど、夢のある投資術です。 しかも、最近では人気に博して『手数料無料』という気前のいい会社も誕生し、しかも、デイトレがあるのでOLやサラリーマンでも多数参加されるようになってきました。そして、これからの先行きがハッキリしないという人も、今ハッキリしている『円安』を上手く活用して外国為替で不安を吹き払ってみてはどうでしょうか?

FX 情報商材

最近、巷でよく見かける『情報商材』って知っていますか?知らないという人が大半でしょう。 何故なら、最近になってブームになり殆どの人がどこかで商材を買付けて、そして自分のブログコーナーや証券情報の運営サイトで売り出した事で、知られ始めたからです。 そして、この商材ですが最近はFX(外国為替証拠金取引)でも取り上げられています。中身としては、『負けを取り返せるFX』や『勝率1割を9割にするFXデイトレ』などです。つまり、私のFXで稼いだ手法を『体験記』として販売するという物が、この情報商材と言う物なのです。 『FXなんて証券会社でやっているんだから売れないだろう?』と、大抵の人が考える盲点を突いたこの商材、実際には馬鹿売れしています。何で、ここまで人気が沸騰したかと言いますと、やはり負けを味わっている人は『堅実に勝ちたい』のです。 なので、このようなサイトに検索する人もFXの証券が知られ始めて、証券の参加人数が増加すると比例して増えてきました。最近では、FX取引メールマガジンの購読も取扱うサイトが増えてきて、これからますます加熱しそうな情報商材です。 最期に、まず本当に堅実に儲けようと思うなら、FXもいいですが個人のサイトで『ドロップシッピング』や『自分の得意分野の代理活動』を売りに出すのも、いいかと思いましたので一筆書き上げます。

FX 税金

FXと聞くと、まず有難いのが『20万円以下の差益』なら、他に所得がなければ税の申告が不要と言う点です。これから、今の資金を増やそうと思っていても、多額の利益が出た時に引かれる税金も当然ながら多くなっていくので、fxで税金をパスして少しずつ稼ぐという手段は賢い方法です。 『そんなに、稼ぎで引かれる金額は違うのかな?』と、不思議に思う人もいると思いますが結構な差になります。 例えば、あなたが200万以上の差益(fxなどで、儲けから引かれる金額を差し引いてあなたの手元に残るお金を差益と言います)を出していたなら、なんと30万前後を税金で持っていかれるのです。30万と言うと、中小企業のサラリーマンの月給並みなので、その大きさは大半の人には分かっていただけるでしょう。 FXは、これからまずは試しに稼いでみるという人の有難い証券活用の一つだと思います。これと似た儲けはfx以外なら、やはり株とかのデイトレードです。 といっても、FXもデイトレも結局の所は大きなお金を動かす事にはならないので、安全に稼ぎたい人か初心者の人かにしか向いていないのが実情です。 後は、FXを続けていこうという人には『20万円以下の差益』を拾って着実に利益の幅を増やしていくのもありかと思います。最終的には、資金の運用先の一つとして定着出来れば立派なのではないでしょうか。

FXの基本 季節ごとの動き

季節によって、ある程度の動きと言うのは決まってきます。その世界的な動きを把握してFXでの取引にも活用する事ができるでしょう。 2・3月 この時期は、円を買う動きが目立ってきます。これは、3月末の決算に向けて日本企業がドルを円に戻す作業が行われるためです。 4・5月 3月末の決算を終えた後は、企業の新規取引が増えてきます。 機関投資家の資金も積極的に入ってくる時期ですので、一般的にはドル買いが強くなると言われています。 8月 お盆休みで取引が減ってきます。海外のディーラー達も夏期休暇に入るため、取引量が少なく、その分値動きも少なくなる傾向があるようです。 11月 欧米の企業が決算に向けて、円などの外貨を売り、自国の通貨を買い戻す動きが始まります。クリスマス前に会計作業を終わらせるために、11月下旬あたりからこういった動きの始まる傾向があります。 12月 盆休み以上に取引量が減ってきます。海外ではクリスマス休暇が多く、機関投資家なども取引を減らしてきます。また、海外の企業では決算前に大きな動きが起きるのを嫌いますので、基本的に値動きの少ない季節となる傾向があります。 もちろんこれ以外にも事件や事故、ニュースなどからの影響も通貨取引に表れる場合があります。そのため、これだけを鵜呑にしてFXに挑戦するのは危険ですが。こういった流れが一年間にあるのだなと言う事は認識しておきましょう。 このような動きを把握してFXに役立てましょう。ただし、こういった動きはおおまかな事で毎年同じとは限らない上に事件や、その年々の出来事で変わってきます。毎回あくまで鵜呑にしすぎて失敗しないようにする事もFXをする上で大切でしょう。
1  2  3